小倉百人一首の全首を見る

歌番号 37

戻る

文屋朝康

ふんやのあさやす  
文屋朝康

(生没年不詳) 文屋康秀の子。詳しい経歴は不明だが、官位には恵まれなかったようだ。

Funya-no-Asayasu

(Birth/death dates unknown)Son of Funya-no-Yasuhide. Though little is known about him, it appears that his official rank remained low.

上の句

しらつゆに
白露に
かぜのふきしく
風の吹きしく
あきののは
秋の野は

下の句

つらぬきとめぬ  
つらぬきとめぬ  
たまぞちりける  
玉ぞ散りける  
部立
四季(秋) 
出典
後撰集 
主題
秋の野の風に散り乱れる白露の美しさ 
歌意

葉の上に降りた美しい白露に、しきりと風が吹きすさぶ秋の野。風で散ってゆく白露はまるで一本の糸で貫き止まっていない玉を、この秋の野に散りばめたようだなあ。

The stunning white dew sits beautifully atop the meadow leaves, blown endlessly by the autumn wind. The blazing white dew droplets look as if they are held ever so tenuously on a string, and they’re scattered across the meadow this fall.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ