小倉百人一首の全首を見る

歌番号 36

戻る

清原深養父

きよはらのふかやぶ  
清原深養父

(生没年不詳) 清原元輔の祖父で、清少納言の曾祖父。琴の名手だったという。中古三十六歌仙の一人。

Kiyohara-no-Fukayabu

(Birth/death dates unknown)He was the grandfather of Kiyohara-no-Motosuke, and the great-grandfather of Sei Shonagon. Also as a master of the harp, he is included amongst the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

なつのよは
夏の夜は
まだよひながら
まだ宵ながら
あけぬるを
明けぬるを

下の句

くものいづこに  
雲のいづこに  
つきやどるらむ  
月やどるらむ  
部立
四季(夏) 
出典
古今集 
主題
雲の彼方に姿を隠している、夏の夜の月を惜しむ心 
歌意

夏の夜はとても短く、まだ宵の口だと思っているうちに、もう夜が明けてしまう。これではいったい雲のどの辺りに月はとどまっていられるのだろうか。

The summer nights are so short, when you think the night’s only just begun, it’s already dawn. Where in the clouds is the moon hiding?

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ