小倉百人一首の全首を見る

歌番号 34

戻る

藤原興風

ふじわらのおきかぜ  
藤原興風

(生没年不詳) 日本最古の歌学書『歌経標式』を記した藤原浜成の曾孫にあたる。三十六歌仙の一人。

Fujiwara-no-Okikaze

(Birth/death dates unknown)Great-grandson of Fujiwara-no-Hamanari, author of the Kakyo Hyoshiki, the oldest book of Japanese poetry in existence. He is included amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

たれをかも
誰をかも
しるひとにせむ
知る人にせむ
たかさごの
高砂の

下の句

まつもむかしの  
松も昔の  
ともならなくに  
友ならなくに  
部立
雑 
出典
古今集 
主題
昔の友人がみな死んでしまった、孤独な老いの嘆き 
歌意

年老いた私は、今もう誰を友にしたらよいのだろうか。相手にできそうなものといえば、長生きで知られている高砂の松ぐらいなものだが、その高砂の松でさえ、昔からの友ではないのに。

Who can I call my friend at this old age? The only ones who know I’ve lived this long are the pines of Takasago, and even they have not been my friends for long.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ