小倉百人一首の全首を見る

歌番号 33

戻る

紀友則

きのとものり  
紀友則

(生没年不詳) 紀貫之の従兄弟。『古今集』撰者となるが、完成を見ずに病で没した。三十六歌仙の一人。

Ki-no-Tomonori

(Birth/death dates unknown)Cousin to Ki-no-Tsurayuki. Though he was one of the compilers of the Kokinshu waka collection, he passed away due to illness before the project could be completed. He was amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

ひさかたの
ひさかたの
ひかりのどけき
光のどけき
はるのひに
春の日に

下の句

しづごころなく  
しづ心なく  
はなのちるらむ  
花の散るらむ  
部立
四季(春) 
出典
古今集 
主題
春ののどかな陽光の中に散る桜の美しさを惜しむ心 
歌意

日の光がこんなにものどかな春の日に、どうして桜の花だけが落ち着いた気持ちもなく、慌ただしく散ってしまうのだろうか。

On this gentle sunny spring day, I wonder why only the cherry blossoms cannot stay calm, instead scattering every which way on the ground.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ