小倉百人一首の全首を見る

歌番号 32

戻る

春道列樹

はるみちのつらき  
春道列樹

(?-920) 身分が低く、詳しい経歴は不明。壱岐守に任命されたが、赴任する前に没したという。

Harumichi-no-Tsuraki

(?-920 C.E.)Not much else is known of his life except for the fact that he was of the lower classes. Though he was appointed Iki-no-kami, he passed away before acceding to the post.

上の句

やまがはに
山川に
かぜのかけたる
風のかけたる
しがらみは
しがらみは

下の句

ながれもあへぬ  
流れもあへぬ  
もみぢなりけり  
紅葉なりけり  
部立
四季(秋) 
出典
古今集 
主題
山川にしがらみのように散りたまった紅葉の美しさ 
歌意

山あいを流れる川に風が作ったしがらみ(川の流れをせき止める柵)は、よく見ると流れることができないでたまっている紅葉の葉であったのだなあ。

A dam on the river cutting through mountain ravines created by the wind is, upon a closer look, a pile of fallen autumn leaves that cannot be swept down the stream.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ