小倉百人一首の全首を見る

歌番号 31

戻る

坂上是則

さかのうえのこれのり  
坂上是則

(生没年不詳) 平安初期に蝦夷を平定した坂上田村麻呂の子孫。和歌に秀で、三十六歌仙の一人。蹴鞠の名手。

Sakanoue-no-Korenori

(Birth/death dates unknown)He is a descendent of Sakanoue-no-Tamuramaro, who subjugated the Ainu in the early Heian Period. An outstanding waka poet, he was named amongst the Thirty-Six Immortal Poets. He was also known as a superior kemari player.

上の句

あさぼらけ
朝ぼらけ
ありあけのつきと
ありあけの月と
みるまでに
見るまでに

下の句

よしののさとに  
吉野の里に  
ふれるしらゆき  
降れる白雪  
部立
四季(冬) 
出典
古今集 
主題
有明の月のように明るく降り積もる吉野の雪の清さ 
歌意

ほのぼのと夜が明けるころ、明け方の月が照らしているのかと見間違えるほどに、吉野の里に白く降り積もっている雪であることよ。

When the dawn broke after a lovely night, the snow of Yoshino is so brilliant one that one could mistake it for the moon at dawn.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ