小倉百人一首の全首を見る

歌番号 30

戻る

壬生忠岑

みぶのただみね  
壬生忠岑

(生没年不詳) 官位は低かったが、『古今集』撰者に任ぜられ、歌人として活躍した。三十六歌仙の一人。

Mibu-no-Tadamine 

(Birth/death dates unknown)Though his official rank was low,he was asked to compile the "Kokinshu"waka collection,and was active as a poet.He is included amongst the"Thirty-Six Immortal Poets."

上の句

ありあけの
ありあけの
つれなくみえし
つれなく見えし
わかれより
別れより

下の句

あかつきばかり  
暁ばかり  
うきものはなし  
憂きものはなし  
部立
恋 
出典
古今集 
主題
よそよそしい態度を見せた女性への恨み言 
歌意

明け方の月が冷ややかに、そっけなく空に残っていたように、あなたが冷たく見えたあの別れ以来、夜明けほどつらく思えるものはありません。

Ever since the morning we parted, when the dull moon hung wanly in the sky and you seemed so cold, nothing has been harder for me than the dawn.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ