小倉百人一首の全首を見る

歌番号 3

戻る

柿本人麻呂

かきのもとのひとまろ  
柿本人麻呂

(生没年不詳)三十六歌仙の一人。官位は低く任地の島根県で没したという。後世、歌聖と呼ばれた。

Kakinomoto-no-Hitomaro 

(Birth/death dates unknown)Named one of the Thirty-Six Immortal Poets. His official rank was low, and he died at the place where he was posted, in current Shimane Prefecture. He was posthumously regarded as a perfect master of poetry.

上の句

あしびきの
あしびきの
やまどりのをの
山鳥の尾の
しだりをの
しだり尾の

下の句

ながながしよを  
ながながし夜を  
ひとりかもねむ  
ひとりかも寝む  
部立
恋 
出典
拾遺集 
主題
長い夜をひとり寝るさびしさの嘆き 
歌意

垂れ下がった山鳥の尾羽のような長い長いこの秋の夜を、離ればなれで寝るという山鳥の夫婦のように、私もたった一人で寂しく寝ることになるのかなあ。

The autumn night is as long as the tail and wings of the peacock. Like the pheasant pairs who sleep apart, I spend this night in lonely solitude.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ