小倉百人一首の全首を見る

歌番号 29

戻る

凡河内躬恒

おおしこうちのみつね  
凡河内躬恒

(生没年不詳) 紀貫之らと『古今集』の撰者に任ぜられた。官位は低かった。三十六歌仙の一人。

Oshikochi-no-Mitsune 

(Birth/death dates unknown)Though of low official rank, he was selected along with Ki-no-Tsurayuki and others for the Kokinshu waka collection. He is included amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

こころあてに
心あてに
をらばやをらむ
折らばや折らむ
はつしもの
初霜の

下の句

おきまどはせる  
おきまどはせる  
しらぎくのはな  
白菊の花  
部立
四季(秋) 
出典
古今集 
主題
初霜にまぎれるばかりの白菊の清楚な美しさ 
歌意

当てずっぽうに折るのなら折ってみようか。初霜が一面に降りたために真っ白になって、どれが花やら霜やら見分けがつかなくなってしまっている白菊の花を。

The ground is covered in a blanket of pure white with the first frost, and we can’t find the brilliant white chrysanthemums underneath. But let us try and pick them anyway.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ