小倉百人一首の全首を見る

歌番号 28

戻る

源宗于朝臣

みなもとのむねゆきあそん  
源宗于朝臣

(?-939) 光孝天皇の皇孫。官位は低く、不遇な逸話が『大和物語』に残る。三十六歌仙の一人。

Minamoto-no-Muneyuki-ason

(?-939 C.E.)He was a descendent of Emperor Koko. His rank was low, and he appears in the Yamato Monogatari (Tales of Yamato) lamenting his difficulties. He is included amongst the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

やまざとは
山里は
ふゆぞさびしさ
冬ぞさびしさ
まさりける
まさりける

下の句

ひとめもくさも  
人めも草も  
かれぬとおもへば  
かれぬと思へば  
部立
四季(冬) 
出典
古今集 
主題
人も訪れず草も枯れてしまう冬の山里の寂寥感 
歌意

山中の里はいつの季節でも寂しいけれど、冬にはその寂しさがいっそう身にしみて感じられることだよ。人の行き来も途絶えてしまい、草も木もすっかり枯れ果ててしまうかと思うと。

The mountain villages have a lonely air throughout the seasons, but in winter they seem a thousand times more desolate. No one passes through these parts during this time, and the grass and trees all wither away?the very thought leaves me melancholy.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ