小倉百人一首の全首を見る

歌番号 27

戻る

中納言兼輔

ちゅうなごんかねすけ  
中納言兼輔

藤原兼輔 (877-933) 藤原冬嗣の曾孫、紫式部の曾祖父。賀茂川の堤に邸宅を造営。紀貫之らと親交が深かった。

Chunagon Kanesuke

Fujiwara-no-Kanesuke (877-933 C.E.) Great-grandchild of Fujiwara-no-Fuyutsugu, he was great-grandfather to Murasaki Shikibu. He built a residence along the banks of the Kamo River. He was on very friendly terms with Ki-no-Tsurayuki and his circle of friends.

上の句

みかのはら
みかの原
わきてながるる
わきて流るる
いづみがは
いづみ川

下の句

いつみきとてか  
いつみきとてか  
こひしかるらむ  
恋しかるらむ  
部立
恋 
出典
新古今集 
主題
まだ見ぬ女性に対する強い恋心の不思議さ 
歌意

みかの原を分けるようにわき出て流れるいづみ川ではないけれど、いつ見たためか、いつ逢ったのか、いや本当は逢ったこともないのに、どうしてこんなに恋しいのだろう。

Like the changing views surrounding the Izumi River that flows through the meadows of Mikanohara, I am not sure when I saw you, when I met you, or even if it was not all a dream, and yet my heart aches to no end.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ