小倉百人一首の全首を見る

歌番号 26

戻る

貞信公

ていしんこう  
貞信公

藤原忠平 (880-949) 基経の子。兄時平の死により氏長者となって政権を握る。藤原氏全盛の礎を築いた。

Teishinko 

Fujiwara-no-Tadahira (880-949 C.E.)Child of Mototsune. Upon the death of his brother Tokihira, he became representative and leader of the Fujiwara clan, establishing the foundations for the prosperity of the clan.

上の句

をぐらやま
小倉山
みねのもみぢば
峰のもみぢ葉
こころあらば
心あらば

下の句

いまひとたびの  
今ひとたびの  
みゆきまたなむ  
みゆき待たなむ  
部立
雑 
出典
拾遺集 
主題
紅葉の美しさへの賛美と、散らずにいてほしい願望 
歌意

小倉山の峰の紅葉よ。ああ、あなたにもし心があるならば、もう一度天皇のお出まし(行幸)があるまで、どうか散らずにそのままで待っていてください。

Oh, changing leaves of the peaks of Mt. Ogura: only you understand my heart. If you have the chance to welcome the emperor just once more, please keep your leaves until then.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ