小倉百人一首の全首を見る

歌番号 25

戻る

三条右大臣

さんじょうのうだいじん  
三条右大臣

藤原定方 (873-932) 内大臣高藤の子で、中納言朝忠の父。三条に邸宅を構えたので三条右大臣と呼ばれた。

Sanjo-no-Udaijin

Fujiwara-no-Sadakata (873-932 C.E.)A child of Naidaijin Takafuji, he was also father to Chunagon Asatada. He was also called Sanjo Udaijin for his residence in Sanjo.

上の句

なにしおはば
名にしおはば
あふさかやまの
逢坂山の
さねかづら
さねかづら

下の句

ひとにしられで  
人に知られで  
くるよしもがな  
くるよしもがな  
部立
恋 
出典
後撰集 
主題
誰にも知られないで逢いたいという切実な思慕の情 
歌意

逢坂山のさねかずらが、あなたに逢って寝るという意味を暗示しているなら、そのさねかずらの蔓をくるくる手繰るように他人に知られず、あなたのもとへ来る方法がないものか。

If this kadsura vine from Mt. Osaka carries the secret message that we are to meet and spend the night together, I will turn it over in my hands in full view of others without them knowing, wondering how I can get to you. If only it were as easy as tugging on this vine.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ