小倉百人一首の全首を見る

歌番号 23

戻る

大江千里

おおえのちさと  
大江千里

(生没年不詳) 父は漢学者の音人とされる。学識豊かだが官位は低かった。中古三十六歌仙の一人。

Oe-no-Chisato 

(Birth/death dates unknown)His father, Otondo, was known as a great scholar of Chinese studies. Though his official rank was low, he was known for his academic achievement. He is included amongst the Thirty-Six Medieval Immortal Poets.

上の句

つきみれば
月みれば
ちぢにものこそ
千々に物こそ
かなしけれ
悲しけれ

下の句

わがみひとつの  
我が身ひとつの  
あきにはあらねど  
秋にはあらねど  
部立
四季(秋) 
出典
古今集 
主題
秋の夜の月をながめて、物思いにふける孤独の悲哀 
歌意

秋の月を見ていると様々なことが悲しく感じられます。私一人を悲しませるために秋が来るというのではないのですが。

I’m overcome with sadness at the sight of the fall moon. It seems that the autumn comes just to make me melancholy.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ