小倉百人一首の全首を見る

歌番号 21

戻る

素性法師

そせいほうし  
素性法師 坊主

(生没年不詳) 僧正遍昭の子。清和天皇に仕えた後、父の命で若くして出家。三十六歌仙の一人。

Sosei Hoshi 

(Birth/death dates unknown)Child of Sojo Henjo. After serving Emperor Seiwa, he became a monk at the behest of his father. He was one of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

いまこむと
今こむと
いひしばかりに
言ひしばかりに
ながつきの
長月の

下の句

ありあけのつきを  
有明の月を  
まちいでつるかな  
待ちいでつるかな  
部立
恋 
出典
古今集 
主題
約束しながら来なかった男への恨み言 
歌意

「今すぐ行くよ」とあなたがおっしゃるので、秋の夜長を今か今かと待つうちに、まあなんてこと、とうとう九月の明け方の月が出るまで、待つことになってしまったことですよ。

You say that you want to see me now, but I must wait in anticipation for the long autumn nights, for alas we cannot meet until the moon of the first light of September rises.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ