小倉百人一首の全首を見る

歌番号 20

戻る

元良親王

もとよししんのう  
元良親王

(890-943) 陽成天皇の第一皇子。色好みの貴公子で、『大和物語』などに女性との贈答歌が多く残る。

Motoyoshi Shinno

(890-943 C.E.)The first son of Emperor Yozei, he was known as a ladies’ man, and many conversations in the form of poems appear in Yamato Monogatari (Tales of Yamato) and other works.

上の句

わびぬれば
わびぬれば
いまはたおなじ
今はた同じ
なにはなる
難波なる

下の句

みをつくしても  
みをつくしても  
あはむとぞおもふ  
あはむとぞ思ふ  
部立
恋 
出典
後撰集 
主題
身を滅ぼしてでも会いたいという激しい恋心 
歌意

うわさが立ち、逢うこともままならない今は、もはや身を捨てたのも同じこと。それならばいっそ難波潟の「みをつくし」ではありませんが、この身を捨ててもあなたにお逢いしたい。

The rumors keep us from meeting, and to me this is like giving up my own life. Like the solitary channel markers of Naniwa Bay, I would gladly give up, this life to see you.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ