小倉百人一首の全首を見る

歌番号 2

戻る

持統天皇

じとうてんのう  
持統天皇

(645-702)天智天皇の皇女で、天武天皇の皇后。飛鳥浄御原令を施行、藤原京へ遷都した。

Jito Tenno

(645-702 C.E.)Princess in the court of Emperor Tenji, she was also empress to Emperor Tenmu. She implemented the Asukakiyomihararyo legal code, by which the court was relocated to Fujiwara-kyo.

上の句

はるすぎて
春すぎて
なつきにけらし
夏来にけらし
しろたへの
白妙の

下の句

ころもほすてふ  
衣ほすてふ  
あまのかぐやま  
天の香具山  
部立
四季(夏) 
出典
新古今集 
主題
さわやかな夏のおとずれ、時の推移 
歌意

いつの間にか春が過ぎて夏が来たらしい。どうりで、夏になると白い衣を干すと言い伝えのある天の香具山の麓に、目にも鮮やかな真っ白な衣が干してあるのが見えるよ。

It seems that spring has already given way to summer. It is said that in the summertime the white robes can be seen hanging out to dry at the foot of Mt. Amanokaguyama. At the moment I see white robes so bright that they stun the eyes.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ