小倉百人一首の全首を見る

歌番号 18

戻る

藤原敏行朝臣

ふじわらのとしゆきあそん  
藤原敏行朝臣

(?-901?) 在原業平の妻の妹と結婚。三十六歌仙の一人で、能書家。

Fujiwara-no-Toshiyuki-ason 

(?-c. 901 C.E.)Married the sister of the wife of Ariwara-no-Narihira. He is included amongst the Thirty-Six Immortal Poets and was also a calligraphy master.

上の句

すみのえの
住の江の
きしによるなみ
岸による波
よるさへや
よるさへや

下の句

ゆめのかよひぢ  
夢の通ひ路  
ひとめよくらむ  
人めよくらむ  
部立
恋 
出典
古今集 
主題
夢においても人目を忍ぶ恋のもどかしさ 
歌意

住吉の海岸に打ち寄せる波の、そのよるという言葉ではありませんが、昼はもちろん、夜までもどうして私は夢の中の恋の通い道で人目を避けるのでしょう。

A bit like the waves that pound the shores of Sumiyoshi, my mind is pervaded by thoughts of love alone throughout the day, and even the night?why is it so? I am now so absorbed that I avoid others.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ