小倉百人一首の全首を見る

歌番号 17

戻る

在原業平朝臣

ありわらのなりひらあそん  
在原業平朝臣

(825-880) 平城天皇の皇孫で、行平の弟。美男で、『伊勢物語』の主人公とも。六歌仙、三十六歌仙の一人。

Ariwara-no-Narihira-ason 

(825-880 C.E.)He was a grandchild of Emperor Heizei and the younger brother of Yukihira. Regarded as an extremely handsome man, it is said that he may have been the model for the protagonist in the Ise Monogatari (Tales of Ise). He was one of the Six Immortal Poets and of the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

ちはやぶる
ちはやぶる
かみよもきかず
神代もきかず
たつたがは
竜田川

下の句

からくれなゐに  
からくれなゐに  
みづくくるとは  
水くくるとは  
部立
四季(秋) 
出典
古今集 
主題
竜田川に散り流れる紅葉の華麗な美しさ 
歌意

遠い昔、数々の不思議なことが起こっていたという神代でさえも聞いたことがありません。川面一面に紅葉が散り浮いて流れ、この竜田川の水を真紅色の絞り染めにするとは。

To make a ruby red dye from the fallen leaves that cover the Tatsuta River: this is something unheard of even in the time of the mythical gods, when mysterious occurrences happened all the time.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ