小倉百人一首の全首を見る

歌番号 16

戻る

中納言行平

ちゅうなごんゆきひら  
中納言行平

在原行平 (818-893) 平城天皇の皇孫。漢詩に優れ、在原氏一門の子弟の教育のために奨学院を創設した。

Chunagon Yukihira 

Ariwara-no-Yukihira (818-893 C.E.)He was also a grandchild of Emperor Heizei. Excelling in Chinese poetry, he built the academy of Shogakuin for the education of the Ariwara family.

上の句

たちわかれ
立ち別れ
いなばのやまの
いなばの山の
みねにおふる
峰に生ふる

下の句

まつとしきかば  
まつとし聞かば  
いまかへりこむ  
今帰り来む  
部立
離別 
出典
古今集 
主題
別れに際して名残を惜しむ人への挨拶 
歌意

あなたとお別れして、因幡の国へ行きますが、その地にあるいなばの山の峰に生える松のようにあなたが待っていると聞いたなら、今すぐにでも帰って来ましょう。

I take leave of you now to travel to Inaba, but if you tell me that you’ll wait for me like the pine trees that grow there, I’ll be sure to come back soon.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ