小倉百人一首の全首を見る

歌番号 15

戻る

光孝天皇

こうこうてんのう  
光孝天皇

(830-887) 仁明天皇の皇子。陽成天皇廃位の後、五十五歳で即位した。温厚な性格で学問を好んだ。

Koko Tenno

(830-887 C.E.)Son of Emperor Ninmyo. After the overthrow of Emperor Yozei, he acceded to the throne at the age of 55. He was known for his warmth of character and love of academic learning.

上の句

きみがため
君がため
はるののにいでて
春の野に出でて
わかなつむ
若菜つむ

下の句

わがころもでに  
わが衣手に  
ゆきはふりつつ  
雪はふりつつ  
部立
四季(春) 
出典
古今集 
主題
雪に降られながら若菜を摘む、相手へのまごころ 
歌意

あなたに差し上げるために、春の野原に出て若菜を摘んでいる。その私の着物の袖に雪がしきりに降りかかっている。

I have come to the spring meadows to pick herbs for you. The spring snow falls endlessly on my kimono sleeve.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ