小倉百人一首の全首を見る

歌番号 12

戻る

僧正遍昭

そうじょうへんじょう  
僧正遍昭 坊主

(816-890) 桓武天皇の皇孫。仁明天皇に仕え、天皇崩御を機に出家した。六歌仙、三十六歌仙の一人。

Sojo Henjo

(816-890 C.E.)He was a grandchild of Emperor Kanmu. He served Emperor Ninmyo, and became a monk upon the emperor’s death. He was named both one of the Six Immortal Poets and the Thirty-Six Immortal Poets.

上の句

あまつかぜ
天つ風
くものかよひぢ
雲のかよひ路
ふきとぢよ
吹きとぢよ

下の句

をとめのすがた  
をとめの姿  
しばしとどめむ  
しばしとどめむ  
部立
雑 
出典
古今集 
主題
五節の舞姫の美しさに魅せられ、これを賛美する心 
歌意

大空を吹く風よ、雲の中の通路を閉じておくれ。天に戻っていきそうな、この美しい天女たちをとどめて、今しばらくその舞を見ていたいと思うから。

Winds high in the sky, close the pathway through the clouds! These angels who have descended to the earth are about to take leave, but I want to see them dance a bit more.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ