小倉百人一首の全首を見る

歌番号 11

戻る

参議篁

さんぎたかむら  
参議篁

小野篁 (802-852) 参議岑守の子。博学で、漢詩や和歌に優れる。現世と冥界を行き来したなど伝説が残る。

Sangi Takamura

Ono-no-Takamura (802-852 C.E.)Son of Sangi Minemori. He was known as an excellent scholar of Chinese poetry and waka. Legend has it that he would pass between the temporal world and the afterworld.

上の句

わたのはら
わたの原
やそしまかけて
八十島かけて
こぎいでぬと
漕ぎ出でぬと

下の句

ひとにはつげよ  
人には告げよ  
あまのつりぶね  
あまのつり舟  
部立
羈旅 
出典
古今集 
主題
配流の舟出の孤独感と、都の人に寄せる思慕の情 
歌意

海原はるかに多くの島々を目指して私を乗せた舟は漕ぎ出していったと、都(京都)にいる私の親しい人に告げておくれ。そこにいる漁師の釣り舟よ。

Oh, fisherman in the boat over there! Tell my love in Kyoto that my boat has left, headed for the islands out on the vast ocean.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ