小倉百人一首の全首を見る

歌番号 100

戻る

順徳院

じゅんとくいん  
順徳院

(1197-1242) 後鳥羽天皇の皇子。藤原定家に和歌を学ぶ。承久の乱で敗れ、配流地の佐渡で没した。

Juntoku-in

(1197-1242 C.E.)Son of Emperor Gotoba, he studied waka with Fujiwara-no-Teika. Losing in the Jokyu Uprising, he died in exile on Sado Island.

上の句

ももしきや
百敷や
ふるきのきばの
ふるき軒端の
しのぶにも
しのぶにも

下の句

なほあまりある  
なほあまりある  
むかしなりけり  
昔なりけり  
部立
雑 
出典
続後撰集 
主題
栄えていた昔の御代を懐かしみ朝廷の衰微を嘆く心 
歌意

宮中よ、時代を経て古びてしまった建物の軒の端に、しのぶ草が生い茂っている。それを見るにつけ、朝廷が栄えた昔のよき時代がしのばれて懐かしく思われることだ。

The grasses grow under the eaves of this old building of the imperial grounds, and the sight makes me nostalgic for the days of glory of the court.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ