小倉百人一首の全首を見る

歌番号 10

戻る

蟬丸

せみまる  
蟬丸 坊主

(生没年不詳 十世紀ごろか) 宇多天皇の皇子に仕えた雑色、または醍醐天皇の皇子という説がある。

Semimaru

His birth and death dates are unknown, but it is assumed that he lived around the tenth century. Some believe that he may have served the son of Emperor Uda, or that he himself was the son of Emperor Daigo.

上の句

これやこの
これやこの
ゆくもかへるも
行くも帰るも
わかれては
別れては

下の句

しるもしらぬも  
知るも知らぬも  
あふさかのせき  
あふ坂の関  
部立
雑 
出典
後撰集 
主題
人々が出逢っては別れる、逢坂の関に寄せる感慨 
歌意

これが都(京都)から東へ下っていく人も、都へ帰ってくる人も、顔見知りの人もそうでない人も逢っては別れ、別れては逢うというこの名の通りの逢坂の関なのだなあ。

This place is rightfully called “the meeting place.” People traveling from Kyoto to the east, people coming home to Kyoto, people who know each others’ faces, and people who don’t?they all meet and say goodbye, and say goodbye and meet again.

絵札について

 百人一首かるた(江戸時代)財団法人小倉百人一首文化財団所蔵   → 絵札の解説を見る

参考文献

 カラー小倉百人一首 二訂版(京都書房)/ もっと知りたい京都小倉百人一首(京都新聞出版センター)

このページの先頭へ